2012年08月02日

男性がわからないという女性のかたへ

おひさしぶりの更新です m( _ _ )m

無理せず、マイペースに家庭と仕事を楽しみながらと思っていたら・・・

(=´▽`)ゞ < 気づいたら凄い日にちがたってました〜

という感じです。

さて、今日も幸せになるためにとアンテナを張りながら読んでいる書籍で1つ面白いものを見つけましたのでご紹介

あ、先にこの書籍は「賛否両論」とお伝えします。

何しろ、女性のための恋愛指南書みたいなデザインなのに、中身はガッチリロジカルに分析されているので、感情や雰囲気で読みたい方からの否定論が出ているようです。

ですが、私が個人的に思うに、男性ってのは女性が理解できない動きをするので、この本を批判的ではなく、落ち着いて最後まで読んでみれば

「なるほどな」

と思う部分がたくさんあると思います。

何しろ男性と女性の「脳」は違うのですから。


と前置きが長くなりましたが、今回のご紹介書籍はコレ


● 愛の億万長者(Amazonにリンクさせますね) ⇒ http://amzn.to/PcGp6D


レビューには辛らつなことを書いている方もいらっしゃいますが、私は面白い本だと思いました。

個人的には、これを読みながら思い出したのは


● 聖なる予言(こちらもAmazonに) ⇒ http://amzn.to/NcbaJv


人ってエネルギーをお互いに循環しながら生きていかないといけないんですよね。

ということを読んでて思い出しました。


ぜひ1度ご覧下さいね♪
posted by 伊吹 at 15:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

心の休ませ方 加藤 諦三

「甘えの欲求」を持つ人は傷つきやすい

書籍の帯に書かれていたこの言葉を見て、昔の私を思い出しました。

誰にだってつらい時期はあると思います。

もちろん、年中ポジティブな方もいらっしゃるとは思いますが、それでも自分自身をうまくコントロールし、奮い立たせて日々を過ごしているんだと思います。

みんなそんな風に「ポジティブ」になれたらいいですよね。

でも、なれない時期があることを私は過去の経験から知っています。

どんなに先に進みたくても進めない。

どんなにいいことを言ってもらっても、悪いようにしか感じることが出来ない。

そんなときは、休むしかないんです。

収入が減るから休めない?

そうだと思います。生きていくにはお金は必要ですからね。

真っ当な考え方をすれば、休めば当然収入は減ります。

人によっては生活保護を受けて治療に専念する方もいらっしゃるかもしれないですね。

ま、その選択肢は人それぞれなので、私からどうこういうことはありません。

ですが、ちょっと疲れたな、人に会いたくないな と軽く思った段階では、この本はなかなか有用だと思います。


心の休ませ方 加藤 諦三
http://goo.gl/60WVT


価格も新品で買ったとしても500円ですし、なぜ自分が対人関係で疲れているのか?を少し離れた眼で見ることができる書籍だと思います。


タイトルには「休ませ方」とかかれていますが、休ませ方ではなく、疲れる原因を書いている本だと思います。


なので、疲れきる前に読まれる、もしくは、家族や恋人の様子が理解できない方にオススメの書籍です。
posted by 伊吹 at 00:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

ブレイクタイム 「幸せの紅茶?!」

我が家には娘がいます。

のんびり、マイペース・・・ といえば聞こえはいいですが

非常に非常に 超マイペース

この半端ないマイペースに家族全員で面白く付き合っています。

そんな彼女が認めた紅茶


フォション ダージリン
フォション ダージリン 紅茶ティーバッグ 20包(FAUCHON INDIAN DARJEELING)


すいません、親の私は全く紅茶の味がわからないので、紅茶好きの娘にスーパーで買ってきた名もない紅茶を「おだし」したところ・・・ 渋い顔をされ一言。


「お口に合いません。」


はぁ・・・合いませんでしたか(笑)

ちなみに、この娘は小学校の低学年です。


彼女が宿題を終えて、毎日飲む紅茶はとても大切で幸せなひとときなんだそうです。

その幸せなひとときを、どうやら「価格」に負けた親の都合で帳消しにされたようでした。

甘やかすわけではないですが、娘の幸せを取ってはいけないなとそそくさとネットで紅茶を注文しました・・・。

だって、大人でも自分の「幸せタイム」は必要なわけですから、当然宿題や予習を終えた子どもにだってそんな幸せな時間は必要なんだと思います(笑)

しかし・・・

何をどうしたら「あんなに味にうるさい子ども」が出来たのか、育てている本人自体、謎で仕方がありません。
posted by 伊吹 at 17:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。